神奈川での注文住宅のメリットとデメリット

神奈川で注文住宅を建てることには、メリットとデメリットがあります。住まいを求める方法は多様化し、一戸建ての持家は選択肢の一つになりました。一戸建て持家と共に選択肢となるのが、マンションの所有です。首都圏では環境の良い郊外での生活よりも、都心部での利便性が求められることもあります。一戸建てはどんな場合にメリットになるのかを、把握しておくことは大切です。都市部では中古も選択肢となります。住宅は必要な戸数がすでに確保されており、既存の建物を活用することが国により奨励されています。持家のデメリットは、住宅資金の返済の難しさです。高度経済成長を今は望めず、経済環境はインフレからデフレに移行しています。デフレは、住宅ローンを組むには適さない環境です。メリットとデメリットの見極めは大切です。

子育てにメリットがある郊外の豊かな自然環境

神奈川で注文住宅を建てる場合のメリットは、子育てに必要な環境を得られることです。子育ては、隣近所に気を使う集合住宅よりも、一戸建て住宅が適しています。子どもが一定の年齢に育つまでは、安心して歩ける郊外の安全な環境で育てたいものです。自然豊かな環境でのびのびと育てることは、子どもの知育、体育、徳育の健全な発達に必要です。都会の塾や教室に通うよりも、自然の中で遊びにより身につけることの方が将来の役に立ちます。郊外の一戸建ては、大人にとってもメリットがあります。都会での仕事はストレスが多く、ほっとできるのは自宅だけです。新鮮な空気を吸い、くつろげる環境が自宅には必要です。庭のある一戸建ては、疲れを癒す絶好の場所となります。町内会などで、職場とは違う場所で人間関係を築くことは高齢化社会にとって大切です。

敷地の確保とローンの返済がデメリット

注文住宅を神奈川で建てる場合のデメリットは、敷地の確保が難しいこと、ローンの返済が大変なことです。都市部で新たに開発される敷地は、利便性の悪い郊外です。郊外はバス等の運転間隔もまばらで、通勤や通学に時間がかかります。新たに造成された土地の地盤が必ずしも良いとは限りません。かといって、都心部には敷地が少なく、一戸建ては中古を買う方法しか残されていません。ローンの返済は以前と比べて見通しがつけ難くなっています。大企業でも経営不安が拭いきれず、賃金の上昇は望めません。デフレの進行は、ロ-ンの実質的負担を上昇させます。今の時代にロ-ンを組むことは慎重にならざるを得ません。ローンを組む場合は、頭金を多くして、返済金額を削減することが必要です。神奈川で注文住宅を建てる場合は、メリットとデメリットの慎重な比較が必要です。