気になる注文住宅にかかる費用の相場神奈川編

建売住宅に比べてお金がかかるといったイメージが強い注文住宅を神奈川で建てる際の費用を知りたいと考えているなら、インターネット上で住宅建築にかかる大まかな費用を地域ごとに自動算出してくれる簡易査定サイトや、複数のハウスメーカーや工務店などに無料査定を一括で依頼してくれる一括査定サイトなどを利用するといいでしょう。簡単にどの程度の費用を負担すればいいのかが理解できますのでおすすめです。大体どの程度で土地と住宅を合わせたトータルの費用を負担するケースが多いのかというと、横浜の一等地などでなければ4000万円から6000万円程度の金額が必要になる場合が多くなっています。そもそも地価が高い地域なので、土地だけで3000万円近くする可能性が高いものと捉えておいてください。

住宅そのものはかなり節約できるようになっています

神奈川で注文住宅を建てるときの基礎知識として覚えておきたいことが、土地の代金は値引くことはできなくても建てる住宅そのものは格安で作ることも可能だということです。キッチンやバスルームに設置する大型家電を、最新のものではなく型落ちした安いものにしたり新古品に近い中古品位したりすることで大幅な建築費の削減が果たせるようになっています。施工業者も格安工事を引き受けてくれるところを選べば、数百万円単位で住宅を建てる際の費用が節約できますので覚えておいてください。建物にお金をかけなければ欠陥住宅を建築されそうで怖いといた方は、極力工事現場に立ち会うようにしてみてください。仕事内容を顧客に見せることをためらわない業者であれば、大抵は正しい仕事をしているため一種の牽制になるからです。

将来的に売却を考えているような場合には

神奈川で注文住宅を建てるものの、永住するつもりがなく将来的には売却しようと考えているような場合には、売却時に高額になるような設計の住宅にしてもらうことが大切です。家主の趣味に特化した家や、リフォームしづらいような設計の家はあまり高値が付かないといった傾向があるからです。具体的に言えば車イスのままでもバスルームやトイレに問題なく入れる家や、部屋数が多く各個室にある程度の防音対策がほどこされているような家は高値で売れやすくなっています。とくにリフォームなしでも高齢者を迎えられるような家は、少子高齢化が進んでいく日本で益々需要が高まるっていきますので高額での売却が期待できると言えるでしょう。ただ住宅を建てるだけでなく、売るときのことも考慮してハウスメーカーや工務店と相談を重ねることを推奨します。